蒔絵パール ネックレス(和柄)

¥ 34,560

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料756円が掛かります。

大粒の淡水パールに金粉で蒔絵を施したネックレス。
京漆器の蒔絵師が、ひとつひとつ丁寧に描きつけています。
24金の金粉を使用していますが、あえて色に少しだけくすみをもたせパールになじませています。

蒔絵パール ネックレス(和柄)
32,000円+税
柄は左より:麻の葉、花格子(はなごうし) 業平菱(なりひらびし) 
サイズ: パールサイズ12mm、チェーン45㎝
素材:淡水パール、漆、金粉24金、K10(チェーン)
k18チェーンはプラス5,000円+税

蒔絵柄の由来
◆花格子 小花とドットを並べた格子柄は古くから使われた織物柄の基本です。江戸時代の縞物の大流行とともに、縦縞と横筋の太さや本数を変えて多くのバリエーションが生み出されました。
◆業平菱(なりひらびし)
業平菱(なりひらびし)は三重襷(みえだすき)から変ってできた模様とされてます。 絵画に描かれた平安貴族最高の美男・在原業平(ありわらのなりひら)が着ていた衣服の文様を指し、この名前が付けられました。
◆麻の葉すくすくと真っ直ぐに成長するという特徴を持っているだけでなく、「魔除け」の効果がある。